FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島の旅、つづき。

前回の日記は「フルーティアふくしま」で興奮しきって終わってしまったので、
その後の会津の旅についても少々。

元々予定していた「七日町そぞろ歩き」は、雨なのと寒いのとであっさり断念。
でも、ちょっと雨が止んだので、御薬園(おやくえん)へ。
ここは昔からの薬草園で、様々な種類の薬草や庭園を見ることができます。
そして、ほとんど冬枯れている薬草の立て札を、
しげしげと読みながら園内を回るワタクシ。
もちろん、そんな見方をしている人は少数派です。
20171115_oyakuen.jpg
こちらは庭園。
もみじや苔がきれいで、写真を撮りながら散策する人たちもいましたが、
静かに楽しめる空間です。

そして、会津といえばはずせないのが鶴ヶ城。
戊辰戦争の舞台であり、数年前の大河ドラマ「八重の桜」の舞台としても有名です。
白虎隊や二本松少年隊、悲しい歴史をひもとけばきりがありませんが、
数年前に化粧直しした鶴ヶ城は、当時の赤瓦美しい、雄々しい姿で会津の町を見下ろしています。
20171115_tsurugajo-1.jpg
城内にはエレベーターなどはありませんが、博物館として作られている建物なので、
手すりなどもしっかりしていて、比較的上りやすいんじゃないかと思います。

旅のしめくくりにもうひとつ、スイーツイベント。
郡山名物・柏屋の薄皮饅頭を、手作り体験。
20171115_manju1.jpg
以前郡山に住んでいたとき、市内のお店でもできるのは知っていたのですが、
体験してみる前に引っ越してしまったので、ちょっと心残りだったのです。
はっぴと前掛けを貸してもらって、職人さんから作り方を教わり、
見よう見まねで4個のお饅頭を作ります。

思った以上にたくさんあんこを入れるので、包むのが大変!
・・・と思っていたら、私が作った饅頭はあんこの入れすぎだったらしく、
できあがりを見たらあちこちからあんこがはみ出していました。。
20171115_manju2.jpg
でも、味はもちろんおいしいし、いい記念になりました。
4個作って200円(20歳以下だと100円)という超良心価格なので、
お子様連れのご家族には、ぜひチャレンジしていただきたい。
会津のお店は少し体験コーナーが狭いので、一度に2人くらいですが、
多分郡山市内のお店だと、もっと広いところで大人数でもできるんじゃないかと思います。

包み方を忘れないうちにまたやってみたいんだけど、
あんこは買えても饅頭の皮は・・・つくれない・・・。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。