FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オイルが固まらない家

そういえば、引っ越したあとの話を全然していないことに気づき、
「本当に引っ越したのか」
「実はただの妄想なんじゃないか」
と思われるのもアレなので、
引っ越してびっくりしたこと(というか、気づいたこと?)を
やまがた暮らしの視点からひとつ。

冬になると、愛用のホホガオイルが固まる、
という話は以前、春先にオイルが溶けた頃の日記に書いたことがありました。
20170105_3.jpg
証拠写真。引越し前の旧宅で撮影。

イマドキの断熱というのはたいしたもんで、朝晩は零下になる山形でも、
ホホバオイルは無事、液体を保っております。
20170105_-2.jpg
あの、固形オイルと格闘した日の苦労を忘れず、
日々液体で出てくるオイルに感謝して暮らしたいと思います。

ところでもうひとつ、オイルが原因と思われる変化がありました。
ずっと故障だとばかり思っていた時計が、快調に動いていることです。
20170105_-1.jpg
友達のお母様から結婚祝いにいただいたピューターの置時計

実はこの時計、時計屋さんに修理にまで持っていったのです。
20170105_tokei-2.jpg
エントランスの昭和感がたまらない「吉田時計修理センター」

多分、山形ではここで直らない時計はない、というような、
知る人ぞ知る時計屋さんのようなのですが、
このピューターの時計は時計メーカーで作られたものではないので、
分解修理ができない構造だということで、残念ながらそのまま持って帰ってきたのです。
確かに、冬に向かって段々動きが渋くなり、止まってしまう傾向はありました。
が、引っ越してきてからというもの、このピューター時計は止まることはおろか、
遅れることもなく、まことに順調。

高断熱住宅は機械にも優しい住環境のようです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。