FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大蔵村イベント情報

もうすぐ8月ですね。
南のほうは梅雨明けもし、子供たちは夏休みに入って、
夏のレジャー気分が高まっているところで、大蔵村からイベント情報です。

その1。
四ヶ村棚田ほたる火コンサート(←クリックで大蔵村ウェブサイトにジャンプします)

昨年私も行ったのですが、大蔵村の「四ヶ村(しかむら)」というエリアには棚田があり、
この夜一夜だけ、あぜ道にキャンドルが灯されます。
私のコンデジではこれが精一杯ですが、肉眼で見るととても幻想的。
「ほたる火」という表現がぴったり。
20150806_6tanada-1.jpg

イベントはまだ明るいうちから始まるので、少しずつ暗さを濃くしてゆく中で、
いっそうきらめきを増すキャンドルの光を眺める夏の夜。
しかも、コンサートも開かれるので(こちらも無料)、併せてお楽しみいただきたい。

現地まで車ではアクセスできないので、シャトルバスの運行などの情報は、
下記のチラシをご参照ください。
バスを降りてからも10分くらい歩くので、
お祭りといえども、浴衣に下駄はおすすめしません。
歩きやすい靴と、小さい懐中電灯があるとより安心かも。
少しだけど、出店もあるよ。

↓チラシをクリックすると大蔵村ウェブサイト上のPDFファイル(7MB)が開きます
20160727_hotarubi.jpg


その2。
大蔵村納涼花火大会(←クリックで山形観光ポータルサイトにジャンプします)
20150810_3hanabi-1.jpg

小さい、田舎の村の花火大会です。
でもこの魅力、きっと小さな村に住んだことのない人にこそ、
わかっていただけると思います。

渋滞もない、人ごみも迷子もない。
殺伐とした席取り争いもない。
みんな思い思いに役場の駐車場に陣取って、
家から持ってきたおつまみやら、屋台の焼き鳥やら食べながら、
防災無線から流れるアナウンスと花火を楽しむ。
中学生や小学生だって、ご両親が安心して送り出せるお祭り。

有名どころの豪華な花火大会とはテイストが違いますが、
侮るなかれ、河川敷の広い最上川河畔からあげるので、
実は尺玉も上がるのです!
(山あいの地域だと、大きすぎてあげられないケースも多い)

地元の商店や自治会が協賛していたり、
子供たちのために上げる花火があったり、ほっこりします。
しかも今は旦那の家があるので、ビール飲んでそのまま泊まれるシアワセ。

おまけ。
20160727_bosaimusen.jpg
大蔵村には、全戸、防災無線が配備。
人口が少ないからこそできるワザ。
毎日、早朝6時のチャイムで起こされるのが、玉にキズ(笑)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。