FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さくらんぼジャム

これもまた毎年恒例。
ゼイタクにもいただきすぎて食べきれないさくらんぼで、ジャム作り。
傷みかけてから作ると色も悪くなるし手間が半端ないので、
食べきれないと思ったら、とっととジャムにすることにしています。
2年ほど前にさくらんぼの種取り器を買ったので、種取り作業はサクサク。
20160625_1cherry.jpg

私は実を半分にしてジャムを作ります。
その方がお砂糖が馴染みやすくて、短時間でジャムが作れる気がするのと、
パンに塗ったときにつぶれやすくて塗りやすい。
このあたりは、好みかなぁとは思いますが。
20160625_cherry-1.jpg
これにお砂糖をまぶして、加熱。
もちろん、お水は加えませんよ。
さくらんぼ、特に佐藤錦は甘みが強いので、
お砂糖は量を加減しながら加えています。
だいたい果実の重みの4分の1ぐらい(?)を入れて、
そこからは味見しながら調整します。
20160625_cherry-2.jpg
水を加えなくても、かなり水分が出てきます。
アクも出てくるので、これはていねいに取っていきます。
アク取りと、甘さ調整は並行して。
ちょっと甘めぐらいでも、冷めると甘さ控えめに感じるので大丈夫。
あんまり甘さ控えめにしすぎると、保存がきかないしね。
酸味が足りないときはレモン汁を足したりするときもありますが、
今年は適度な酸味もあるさくらんぼだったので、お砂糖だけで。

本当はけっこう煮つめて固めに作るんだと思いますが、
以前固くしすぎて大失敗したことがあったのと、
ヨーグルトソースとして使うことも多いので、私はけっこうゆるめに作ります。
アクをすくうときに、ちょっと表面に水あめっぽい粘りを感じるようになったら、
もういいことにしてしまってます。
(パンに塗ると、パンから流れ落ちるゆるさです・・)
20160625_jam-1.jpg
小さいビン3つと、少し大きめのビン1つになりました。
これは誰にあげても絶対喜ばれるので、リサイクルのビンじゃなくて、
新しいビンに詰めて作っておくことにしています。
(右奥のリサイクルビンは、うちで食べる分。)
・・・とかいって、結局自分ちで、全部消費してしまうことも多し。
スポンサーサイト

コメント

No title

毎年思うけど、サクランボの、それもとってもきれいでおいしそうなサクランボをジャムにするなんて、なんて贅沢!
一度食べてみたいわぁ。

Re: No title

kaoriちゃん、
おかげさまでゼイタクさせていただいております。。佐藤錦のジャム、市販もしているけど、なかなかのお値段なのよね。。田舎の特権です!

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。