FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆきものがたり

山形も、遅まきながら春の兆しが。
20160324_1ume.jpg
梅が咲いたら、もうあとは次から次へと春の花が咲くばかり。
もう乗り切ったも同然ねー。

・・・という気持ちを打ち消すような、霧まみれの雪の田んぼ道を抜けて、
まだ雪残る大蔵村肘折温泉へ行ってきました。
20160324_2fog.jpg

「ゆきものがたり」というイベントがあるからです。
たぶん山形では今シーズン最後の雪のイベントじゃないかしら。

メインは、こちら。
20160324_3okurakun.jpg
おおくらくん22世。

肘折温泉を見下ろすループ橋から撮影したので小さく見えますが、
毎年大蔵村に作られる巨大雪だるま。
今年は雪不足の影響で小さいらしいのですが、、

それでも下から見たら、この迫力。
20160324_4okurakun-1.jpg
高さ、12mですって。
もちろん、作るときは重機投入です。

あいにくの雨となってしまいましたが、暗くなるにつれ、
おおくらくんの周りにキャンドルが灯され、幻想的な雰囲気に。

20160324_5candle-1.jpg
おおくらくんの脇のスロープは、滑り台。

小さなお祭りなので、大型投光機でライトアップされるようなことはなく、
おおくらくんも周囲の明かりにぼんやりと浮かび上がります。

20160324_5okurakun-1.jpg

と思っていたら・・・

まさかの、プロジェクションマッピング!
20160324_6okurakun-1.jpg

正直、こんなところでこんな技術にお目にかかるとは思っていませんでした。
(甘く見ていてごめんなさい)

目をパチパチさせるおおくらくん、かわいかったです。
そして、もうひとつのメインイベント、冬の花火。

20160324_7okurakun-1.jpg

もう少しブラッシュアップされる余地のある、発展途上のお祭りではありますが、
それを毎年見に行きながら、成長を共に愛でる。
歴史あるお祭りを見に行くのとはまた違う楽しみ方があります。
温泉に泊まってそぞろ歩きながら見るのがお勧めです。

おおくらくんは、溶けるまで肘折温泉いでゆ館前で見ることができますよ。
(昨年GW明けのおおくらくんは真っ黒だけどいまだ原型を保っておりました)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。