FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末の過ごし方

暖かいですなぁ。
クリスマスも、山形にしては珍しく、雪のないクリスマスとなりました。
降って解けて雪のないクリスマス、ということはあったけど、
ぜんぜん降らずに(というか積もらずに)クリスマスって、私は初めて。
このままお正月を迎えるか、と思っていたら、今朝は雪。
20151227_1snow.jpg
でも、ちょっとしか降らなかったので、道の雪はすぐに解けてしまいました。
運転は楽でいいし、雪かきもしないですむから助かるけど、
温暖化の影響かと思うと、なんとなく素直に喜べない。

そんな年末の週末、こちらへ行ってまいりました。
20151227_2daiku-1.jpg
「テルサの第九」

文字通り、「テルサ」(山形駅前のホール)で行われたベートーベンの第九のコンサートです。
年末といえば第九よねー、
・・・と言いながら、年末に第九を聞きにきたのは人生2回目。
(10年ほど前、つくばにいた頃に歌ったことはあったけど)

山形で自慢できることの一つが、「山形交響楽団」(=山響)という地元のオーケストラがあること。
日本ではあまりクラシックのコンサートを聞きにいく機会自体が少ないですが、
海外では「オーケストラがある街」というのは、一目置かれる存在のようです。
都会にはもちろん多くのオーケストラがありますが、東北では宮城と山形だけ。
多くのオーケストラ同様、運営は楽ではないようですが、
山形でクラシック音楽の裾野を広げる活動にも、尽力されています。

20151227_3truck-1.jpg
駐車場に停まってた山響のトラックは、意外に地味。

実は山響のコンサートに行ったのは初めて。
来年からは、山響を応援する気持ちも込めて、
もう少し頻繁に足を運びたいな、と思いました。

第九はもちろん、良かったです。
コンサート開始前に指揮者の方がプレトークで、それぞれの楽章について説明してくれたので、
情景をイメージしながら聞くことができました。
それに、やはり生の音は音の幅も違うし、音のうねりが直接響いてくるのが良いです。
ベタではありますが、やはり合唱の入る第4楽章は良かった。
合唱の迫力がすごくて、それに乗せられてオーケストラの音も、よりパワフルになったように聞こえました。

年末は、いろんな音楽番組も多いしね。
皆様も、音楽のある年末をお楽しみくださいませ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。