FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

混まない花火大会

お盆間近となり、全国あちこちで花火大会が行われています。
東京湾の花火大会が朝の情報番組で取り上げられていましたが、
長時間の場所取りに、通勤ラッシュなみの混雑、お疲れ様です。

東北にも大曲のような激混み花火大会もありますし、
山形県内の花火大会でも、赤川の花火大会や山形大花火(山形市)など、
大きめの花火大会はそれなりに混みあいます。
が、私が昨日行ってきたのは、小さな村の花火大会。
大蔵村の花火大会です。

20150810_1dawn-1.jpg
まもなくスタート。日が暮れていきます。

この花火大会は、大きなスポンサーがついて行われる大会ではなく、
花火一発ずつに会社や自治体や、時に個人がスポンサーとなっている、
とても手作り感のある、地元密着型花火大会です。
地元の中学生や高校生が、ちょっと浴衣なんか来てお友達と歩いてたりして、
大変ほほえましい。
ここで夏の恋が生まれたりするのかしら。(←オバサン発想)

20150810_2hanabi-1.jpg

放送機材も村の防災無線。
そのため、音楽がえらくひび割れた音だったりするのもご愛嬌。
一発ずつ、スポンサーについた自治体や地元のお店・企業名が読み上げられます。
小さな花火大会なので、小さい花火だけかと思ったら、5号6号7号玉、
さらに尺玉もあったりして、大きな花火は本当に真上で上がります。
ひとつ、あんまり大きすぎて頭上を通り越して後ろへ流れていったのにはびっくりした。。
砂かぶり席ならぬ、灰かぶり席です。
(降ってはこなかったけど。でも風向きによっては降ると思う・・)

20150810_4hanabi.jpg

有料席だか招待席もあるようで、実行委員会のメンバーがパイプいすを並べていたりしましたが、
ほとんどの観客はブルーシートや折りたたみいすを持ってきて、
役場の駐車場で思い思いに楽しみます。
場所取りが始まるのも、せいぜい夕方5時ごろから。
しかも、場所取りの必要はあんまり感じないくらい、ゆったり鑑賞できました。
朝から場所取りして、夜の花火が始まる頃は疲労困憊だった大曲の花火とは正反対。
そろそろ、このくらいの規模の花火大会が身の丈にあってると感じる歳になってきました。。

20150810_3hanabi-1.jpg

花火があがり、ぱっと散ると、あとには天の川が見えるほどの満天の星空。
途中からは、ちょっと長袖を羽織りたくなるような涼しさの、まさに納涼花火でした。
花火に絶好の川風が吹いていたので、時折ただよってくる火薬のにおいも夏の風情。


火薬が平和利用されている日本の幸せをちょっとかみしめる、
戦後70年目の8月。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。