FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれから4年

今朝、山形はあの日と同じ、雪模様です。
20150311_1snow.jpg

なぜか、3月11日は雪の日が多い気がします。
そして、最近地震も多い。4年も経っていても、まだ余震。
自然が「忘れるな」と言っているような気がします。

20150311_2snow.jpg

もちろん、自然はそんな情緒的なものではないのだけれど、
忘れる生き物である人間に対する警告のような気がしてなりません。

4年が経ち、数日前に何の感慨もなく「3月11日」と日付を書いた自分に唖然としました。
この日付を目にする度に、震災を思い出さずにはおれなかったはずなのに、
私もそうやって忘れていこうとしているのかと。

もちろん、あの瞬間と同じ重さで何年も記憶を保っていけないのは当たり前だけれど、
何だかそんな自分が悲しくなりました。
できることっていったら、忘れないことくらいなのに。

4年が経ち、あの日の前後のことで思い出されるのは、
真っ暗で静かで寒かった当日の夜のこと、
そして、数日、数週間が経って被害の大きさが知れるようになったとき、
一体私はその瞬間、何をしていたのかと意味もなく自分を責めた気持ちです。
時間を巻き戻しても、秋田にいた私になにができたわけでもない。
それでも、いまだにその自責の念がこびりついているのだから、
被災地の皆さんの苦しみはいかばかりかと思います。

こんなこと、文字にできること自体がたいした痛みでない証拠で、
それでも、ブログという物書きのはしくれにつながるものとして、
今日、4年を経過した日に、どういう思いであったのか、
書き残しておきたいと思います。

あのころは大変だったねぇ、と、本当に過去の出来事として、
にぎやかに、本当に復興した町で語れる日が、
1日も早く訪れますように。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。